1. ホーム>
  2. 教育・子育て>
  3. 生涯学習>
  4. 「矢祭町史」他、好評発売中!

教育・子育て

「矢祭町史」他、好評発売中!

書籍販売キャンペーン

豊かだった矢祭の歴史や文化について、もう一度振り返ってみませんか?

  • 郷土の豊かな自然の中で、先人は長い歴史を築いてきました。
  • いま、限りなき未来への基として振り返ってみましょう。
  • 「矢祭町史」を皆さまのご家庭の本棚に、ぜひこの機会にお揃えください。
  • 「資料にみる矢祭こんにゃく史」、「源蔵・郡蔵日誌」、「昔の村・今の町」も併せて販売いたしております。私たちの祖先の生活史を再現してくれる貴重な本ですので、併せてお求めください。

『矢祭町史』の画像『『『源蔵・郡蔵日誌 他』の画像』の画像』の画像

書名価格内容
矢祭町史(第1巻)通史・民俗編「町の歴史と人々のくらし」 5,500円 史料編第2巻、第3巻の集大成。通史編では、原始からの矢祭地方の人々の事象を史料に基づいて再現。民俗編では、人々の生活の中から風俗や習慣について探究しています。
矢祭町史(第2巻)史料編1「考古・古代・中世・近世」 5,500円 「考古」は遺跡からの出土品の写真を中心に、「古代・中世」はこの地を治めた佐竹氏の文献や史料、「近世」は庶民の生活を知り得る史料がそれぞれ収録されています。
矢祭町史(第3巻)史料編2「近代・現代」 5,500円 明治維新から始まる近代矢祭地方の史料と、戦後、町村合併による矢祭町の生誕と町政の展開についての史料が収載されています。
資料にみる矢祭こんにゃく史 1,500円 阿武隈山系と八溝山系の間に位置する矢祭町は、古くからこんにゃくの産地であった。基幹作目として、貴重なウェートを占めていたこんにゃく。町史編さんの中から発見された貴重な資料が語るこんにゃく史。
源蔵・郡蔵日誌 1,800円 長い年月に亘って書き記された矢祭での出来事は、日本史の中で確かに息づいていた。大変まれな資料で、わかり易く解説を付けておくる庶民の生活史。
昔の村・今の町 1,800円 福島県の南端、関東と東北の境。緑と清流の町やまつり。その名は景勝の地、矢祭山より発した。個々に群がった小さな村は、江戸より明治・大正・昭和の変遷の中で、人口の増加や地域の拡大により統轄され、町が形成された。当時の村の村勢を集めた村の姿の編年史。

お問合わせ、購入申し込み先

※ご一報いただければ、お届けします。
矢祭町教育委員会 TEL 0247-46-4580
矢祭町中央公民館 TEL 0247-46-2202

E-mail:kyouiku-ka@town.yamatsuri.fukushima.jp

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育課です。

〒963-5118 福島県東白川郡矢祭町大字東舘字石田25番地

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢祭町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る