1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 町長の部屋>
  4. 令和4年 新年のごあいさつ(令和4年1月1日)

町政

令和4年 新年のごあいさつ(令和4年1月1日)

笑顔あふれる共創社会の実現を目指して

 

 新年明けましておめでとうございます。町長写真

 町民の皆さまには、明るく希望に満ちた新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
また、日頃から町政にお寄せいただいておりますご支援とご協力に対しまして、厚く御礼を申し上げます。

 昨年を振り返りますと、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(第5波)により、全国各地に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が長期にわたり適用され、多くの国民が閉鎖的な生活を余儀なくされるなど、私たちの生活や経済活動に大きな影響を与えた一年でありました。

 こうした中、医療従事者をはじめ、各種感染防止に弛まぬご努力を続けておられます多くの方々に、心から敬意を表しますとともに深く感謝を申し上げます。おかげさまで本町におきましては、接種対象者の90%に当たる4,600人余りの方が2回のワクチン接種を終了し、新規感染者も昨年の9月以降確認されておりません。今後も3回目のワクチン接種に向け、関係機関と連携を図りながら万全の体制を構築してまいりますので、町民の皆さまにも、第6波の到来に備え、基本的な感染対策の徹底をお願いいたします。

 さて、近年は、新型コロナウイルス等の感染症をはじめ、震災や豪雨災など、様々な災害が頻繁に発生しています。2年前に発生した令和元年東日本台風では、本町も高地原橋が流失するなど、甚大な被害を受けました。高地原橋を含む被災箇所の多くは、本年3月までに復旧いたします。ご尽力いただきました国・県並びに関係者の皆様には心から感謝を申し上げます。町ではこの経験を機に、災害が発生した10月12日を「矢祭町防災の日」に制定するとともに、3年をかけて、町内18ヶ所の避難所に防災倉庫並びに防災用品を整備し、町民一人ひとりの防災意識の向上と各地域の防災力の強化につなげてまいります。

 本年は「第6次矢祭町総合計画」の2年度となります。人口減少や少子高齢化等の問題は、地方が抱える共通課題であり、簡単に解決できるものではありませんが、「まちが好き 共に生きて 笑顔あふれる やまつりまち」を将来像に掲げ、多様化・高度化する町民ニーズに対応すべく、子育て支援や高齢者福祉を更に充実させるとともに、ICTを活用した教育環境の整備、新たな雇用の場の確保、農林業の振興、観光資源の創出、人命を守り、安全・安心な暮らしを守るための生活環境の整備や防災・減災対策など、定住促進、関係・交流人口創出のための各種施策に取り組んでまいります。

 昨年、新たな試みとして、「矢祭町出身の大学生等とのWebミーティング」を開始しました。この取り組みは、次世代を担う10代や20代の大学生など、若い世代の方々にまちづくりに参画していただき、活躍できる環境を整備することで、地域の将来を支える人材育成と地域への愛着心の醸成を期待するものです。

 また、社会構造が急速に変化し、デジタル技術やAI等を活用した一人ひとりのニーズに合ったサービスが選択でき、多様な幸せが実現できる社会が求められる中で、本町におきましても、基礎的な共通理解を形成するとともに、住民の利便性の向上や業務の効率化を図るためのデジタル人材の育成に努めてまいります。

 これからの「まちづくり」は、町民、地域、行政が一体となって、共に創り上げていくことが重要です。多様な主体が対等な立場で共通の目的を達成するために協力するという「協働の精神」や、先人の事業を受け継ぎ発展させながら未来を切り開くといった「継往開来の精神」は、真の地方創生につながるものと考えます。町民の皆様の声に真摯に耳を傾け、町民の皆様と連携を図りながら、夢をもって子育てができ、お年寄りが尊敬され、誰もが健康で安心して暮らせる「共創のまちづくり」を進めて参りますので、変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

 結びに、一日も早い新型コロナウイルス感染症の収束と災害のない穏やかな一年でありますこと、そして、町民の皆様にとりまして、幸多き一年となりますことを心からご祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

 

  令和4年1月1日

町長名   

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは自立総務課です。

〒963-5192 福島県東白川郡矢祭町大字東舘字舘本66

電話番号:0247-46-3131

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢祭町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る